美味しいカプセルコーヒーについて

レギュラーコーヒーの挽き方をチェック

焙煎したコーヒー豆100%のものを「レギュラーコーヒー」と言います。

お店でレギュラーコーヒーを購入する場合、コーヒー豆を焙煎したままの形で売られている豆タイプか、すでに挽いてある粉タイプのどちらかを選ぶのが基本です。レギュラーコーヒーは挽き方によって、向いているドリップ方法に違いがあると言われています。

より美味しいコーヒーを淹れるために、レギュラーコーヒーの挽き方、そしておすすめのドリップ方法をチェックしてみましょう。コーヒー豆の挽き方には5つの種類があります。極細挽き・細挽き・中細挽き・中挽き・粗挽きの5つです。

極細挽きはエスプレッソを淹れる時に向いている挽き方で、コーヒー豆はかなり細かいパウダー状にまで挽かれています。細挽きは上白糖とグラニュー糖の中間ぐらいの大きさに、コーヒー豆を挽いているのが特徴です。ウォータードリップといって水出しで淹れるコーヒーの場合に、細挽きを選べば美味しいコーヒーとなります。

一般的に市販されているレギュラーコーヒーの大半は中細挽きです。手軽に美味しいコーヒーを淹れられる、ペーパードリップに用いるのが中細挽きのコーヒー豆です。大きさはグラニュー糖程度となっています。粗挽きされたコーヒー豆は、ザラメ程度に粉が大きいのが特徴です。

パーコレーターという主にアウトドア時に用いるドリップ方法で、美味しいコーヒーを淹れられると言われています。自分好みのコーヒーを淹れるには、コーヒー豆の挽き方にもこだわってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です