美味しいカプセルコーヒーについて

レギュラーコーヒーの保管方法

レギュラーコーヒーは正しい保管をしなければ、酸化によってどんどん劣化していってしまいます。

美味しいコーヒーを淹れるには、レギュラーコーヒーの保管方法を、知っておく必要があります。レギュラーコーヒーの鮮度をキープするには、紫外線の影響から守る・酸素に触れる量を減らす・高温を避ける・多湿を避けて温度を一定に保つというのがポイントです。

開封前であれば缶入り・袋入りどちらも高温・多湿を避け、常温で保存しましょう。開封後は缶入りの場合、蓋をしっかり閉めて保管するのが基本。袋入りの場合は口を閉じただけでは、酸素が入り込み酸化が進みやすい状態となってしまうので注意が必要です。開け口をしっかり閉じた後、さらに密閉容器に入れて保管します。

缶入り・袋入りも一旦封を切ったら、常温ではなく冷蔵庫や冷凍庫で保管するようにしましょう。冷蔵庫・冷凍庫は太陽の光も当たらず、温度も1年中常に一定です。高温多湿や紫外線の影響を避けなければいけない、レギュラーコーヒーの保管場所としては最適と言えるでしょう。ただ、冷蔵庫・冷凍庫での保管でも注意したいポイントがあります。

冷蔵庫の扉を開け閉めしていると、庫内と外との温度差によってコーヒーに水滴がついてしまう恐れがあります。コーヒーが湿ってしまう事があるので、保管する場合は1度使い分ずつ小分けにしておきましょう。食品保存用の小袋を活用すれば、手軽にレギュラーコーヒーを簡単に小分けする事が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *