美味しいカプセルコーヒーについて

豆と粉の2種類があるレギュラーコーヒー

レギュラーコーヒーとは焙煎したコーヒー豆の事を言います。お湯に溶かすだけで簡単に作れる、インスタントコーヒーが誕生した事で、レギュラーコーヒーという言葉が誕生しました。

レギュラーコーヒーには、豆タイプと粉タイプの2種類があり、それぞれ特徴が異なります。豆タイプはコーヒー豆を焙煎したそのままの状態で、販売されているのが特徴です。ミルを使い自分で挽いてドリップするタイプとなっています。

コーヒー豆を挽くと言う手間暇がかかる豆タイプですが、挽きたてのコーヒーを楽しめる、ミルで挽く時間も楽しいという事から豆タイプを選ぶ方も少なくないようです。粉タイプはコーヒー豆をあらかじめ挽いた状態で売られています。ドリッパーやサーバーがあれば、コーヒー初心者の方でも簡単に、レギュラーコーヒーを楽しめるのが特徴です。

コーヒー豆を挽く手間暇が無いので、忙しい方にも向いています。粉タイプに慣れてきたら、豆タイプに変えるなどして段階的にコーヒーを楽しむのが良いでしょう。豆タイプと粉タイプを比較した場合、より長持ちするのは豆タイプと言われています。

細かくコーヒー豆を挽いている粉タイプの場合、酸素に触れる面積が多くなってしまい、豆タイプよりも酸化が進みやすいようです。コーヒー豆は酸化してしまうと、雑味などが出てきて美味しいコーヒーにはなりません。新鮮なコーヒーをという場合は、劣化がしにくい豆タイプを選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *