美味しいカプセルコーヒーについて

レギュラーコーヒーとは何か

レギュラーコーヒーは、焙煎したコーヒー豆だけでできているコーヒーのことを言います。

この場合はレギュラーは、正式なとか正規品という意味合いになりますので、レギュラーコーヒーと商品名に記載されている場合は、コーヒー豆が100%で構成されていることになり、他の物が一切入らないことになります。

豆の状態か、既に挽いてある状態かは関係ありません。1つずつ小分けにされているタイプのドリップコーヒーも含まれます。インスタントコーヒーは、レギュラーコーヒーにお湯を加えて抽出したコーヒーを濃縮して、乾燥させた状態で販売されています。お湯を注ぐだけで簡単にコーヒーができます。

インスタントとレギュラーの違いとしては、お湯を注いだ時に残るかどうかでしょう。インスタントの場合は、顆粒状になっているので、お湯を入れると残らずに溶かせます。

しかし、小分けのドリップコーヒー以外のレギュラーコーヒーは、豆が溶けずにそのまま残るので、入らないようにフィルターやドリッパーが必要になり、コーヒーを受ける耐熱ガラス製のサーバーも用意しなければいけません。

熱湯で淹れないと美味しいコーヒーができないので、やかんとコンロも必要でしょう。レギュラーコーヒーは100g~200gくらいの量で購入できることが多いでしょう。特売などで多い量を一度に購入しようとせず、1ヶ月くらいで飲みきれる量を購入するといいでしょう。

コーヒーは温度や湿度が高く、日光が当たる場所を嫌いますし、外気に当たると酸化して品質が悪くなり、香りや味が悪くなります。開封したら缶に入れて置き、開封してから日にちが経過しそうであれば、ファスナー付きの密閉袋に入れて、冷蔵庫や冷凍庫で保存するのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *