美味しいカプセルコーヒーについて

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違い

レギュラーコーヒーは、コーヒー豆を焙煎してミルなどで細かい粉末にした状態の、コーヒー豆100%の正式なコーヒーです。

レギュラーコーヒーを飲むには、抽出器具で濾さなくてはなりません。一方で、インスタントコーヒーはレギュラーコーヒーを抽出したものを、乾燥させて粉末にしたものです。

インスタントコーヒーはすでに抽出してあるので、お湯や水に溶かすだけで飲むことができます。水分に完全に溶けるか溶けないかが、レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いです。

レギュラーという呼び方は、豆のままでも引いてあっても同じです。19世紀末にインスタントコーヒーが実用化され、これまでのコーヒーと区別され、レギュラーという言葉が使われるようになりました。

この言葉は和製英語で、英語圏でレギュラーといえばホットのブラックコーヒーを指すことが多いです。豆はローストコーヒービーンズや、コーヒービーンズと表わします。海外へ旅行した場合ですが、ニューヨークやカナダでレギュラーといえば、砂糖とクリームを加えたコーヒーを指します。

インスタントコーヒーは例えコーヒー豆100%のものであってもレギュラーとは呼びませんので、注文のときには注意してください。ブレンドコーヒーという場合、異なるコーヒー豆を混ぜたレギュラーコーヒーです。

配合率は比較的自由ですが、「コロンビアブレンド」と表示するには30%以上のコロンビア産の豆を使用しなくてはなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *