美味しいカプセルコーヒーについて

ドリップによるレギュラーコーヒーの違い

レギュラーコーヒーはドリッパーを使って粉にしたコーヒー豆から抽出して作るのが一般的です。

お店では粉を直接お湯につけて抽出するサイフォン方式や布のフィルターを使ったネルドリップなどがあります。家庭で気軽にできるのはドリッパーを使う方法です。ドリッパーはフィルターの形状によって台形タイプと円錐タイプがあります。

円錐タイプの方が台形タイプよりもドリップする速度が遅いのが特徴です。フィルターの角度はどれも違いはなく、リブによってドリッパーとフィルターがひっつきすぎないように工夫されています。リブがないとフィルターが全てドリッパーにひっついてしまうため抽出時間が長くなり過ぎます。

台形タイプも底にある孔の数によってドリップの速度が変わってきます。市販されているものは1つから3つ程度の孔が開いています。円錐タイプと台形タイプの1つ孔がだいたい同じぐらいの速度になります。この速度の違いがレギュラーコーヒーの味に影響を与えます。孔の数はドリップのスピードに影響します。

孔の数が多いほどドリップのスピードは速くなります。つまり抽出する時間が短くなり明るい酸味を感じられるレギュラーコーヒーになります。孔が1つしかないもの、また円錐タイプのものはドリップが遅くしっかりと抽出されるため苦味があって渋みを感じられる重厚感のあるレギュラーコーヒーになります。孔が2つのドリッパーでは、まるくフラットな味わいが楽しめるレギュラーコーヒーになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *